楽天証券のiDeCo商品のおすすめのこと

楽天証券のiDeCo(イデコ)商品のおすすめのこと



楽天証券を活用されていますか?
「証券」と聞くとどうしても株や投資というイメージになると思います。株や投資と聞くと危険とかリスキーという印象になって、どうしても二の足を踏むという感じになってしまいがちだと思います。

かく言う私自身も楽天証券を活用できているわけではなく、株や投資というものはまったくの初心者です。
ただ、お金を銀行にお金を預けていても超低金利でお金が増えないことを考えると、楽天証券をうまく活用できないかと思案し始めています。

楽天証券を調べていると「iDeCo(イデコ)」という言葉はよく見かけました。

この「iDeCo(イデコ)」とは何なのか?そして、「iDeCo(イデコ)」のおすすめ商品のことを見てみたいと思います。



楽天証券のiDeCo(イデコ)とは?



それでは早速「iDeCo(イデコ)」とは何なのかですが、このように説明されていました。

「iDeCo(イデコ)」は「個人型確定拠出年金」のことで、月々幾らかを自分自身で積み立てていき、原則60歳以降に受け取る仕組みとのことです。
「将来に備えるための自分でつくる年金」とのことです。

たしかに国民年金がそこまであてにできないというのは実際ありますから、こういう方法で将来に備えることができるということのようです。
しかも、掛け金が全額所得控除になるので、所得税・住民税が軽減されるとのことです。これも結構大きなメリットですね。



楽天証券のiDeCo(イデコ)商品のおすすめは?



「iDeCo(イデコ)」のおすすめ商品(投資信託)について見てみたいと思います。

・楽天・全米株式インデックス・ファンド
・楽天・全世界株式インデックス・ファンド
・セゾン資産形成の達人ファンド

以上が「純資産総額の増減推移」からのおすすめ商品として紹介されていました。
あと、iDeCoの定期預金というのもあって、金利がメガバンクと同じですが、税制優遇のメリットを考えると魅力的とのことです。


楽天証券の「iDeCo(イデコ)」のことを調べてみました。「iDeCo(イデコ)」は税制優遇のことを考えたら、普通にお金を貯めるよりも「iDeCo(イデコ)」にしたほうがよさそうな気がしますね。


以上、楽天証券のiDeCo商品のおすすめのことでした。



関連記事
→ 楽天証券の手数料コースはどっちか良いのか?
→ 楽天証券の積立NISAの金額変更のこと
→ 楽天証券の積立NISAで商品のおすすめのこと
→ 積立NISA(楽天証券)の始め方や手順のこと
→ 楽天証券の口座開設の日数のこと