楽天証券の手数料コースはどっちか良いのか?

楽天証券の手数料コースはどっちが良いのか考えます



「楽天証券」って活用されていますか?
「楽天銀行」であればという人がほとんどかもしれませんが、「楽天証券」となると人は限られるかもしれません。やっぱり「証券」と聞くと、株であったり投資というワードがどうしても浮かんできてしまって、危険というかリスキーというイメージに直結するため無意識に避ける傾向が少なからずあるからだと思います。

ただ、今「楽天証券」で投資を始めている人が増えているもの事実で、なぜかというと非常に少額から始めることができたり、投資を始めやすい制度もできていたりしています。

昨今、銀行にただお金を預けても増えていかない時代、初心者向けの「楽天証券」で投資を始めてみるというのも考えてみてもいいのかもしれません。

「楽天証券」で口座を開設してから株式取引する際に悩むのが、手数料コースをどうするか問題です。
そこで、この手数料コースを確認しながら、どうしたらいいか考えてみたいと思います。



楽天証券の手数料コースを確認



「楽天証券」の株式取引の手数料コースは、「超割コース」と「いちにち定額コース」とがあります。

まず「超割コース」ですが、1注文の約定(株式の注文が成立すること)代金に対して手数料がかかるコースです。

次に「いちにち定額コース」ですが、名前の通りで1日の約定代金の合計に対して手数料がかかるコースになります。



楽天証券の手数料コースはどっちが良いのか?



調べてみる限り、実際にする人のスタイルによってという感じです。

「超割コース」は1日の約定代金は100万以上で、取引回数が少ない人に合っていて、「いちにち定額コース」は約定代金が100万円まで手数料が無料なので、初心者の人か1日に何度も売買するデイトレーダーにも向いています。

手数料コースは変更することも可能なので、臨機応変に変えていくのも手かもしれません。


簡単に「楽天証券」の手数料コースについて見てみました。こういった方法で資産を増やすということが、これからの時代に必要になっていくのかもしれません・・・。


以上、楽天証券の手数料コースはどっちか良いのか?でした。



関連記事
→ 楽天証券の積立NISAの金額変更のこと
→ 楽天証券の積立NISAで商品のおすすめのこと
→ 積立NISA(楽天証券)の始め方や手順のこと
→ 楽天証券の口座開設の日数のこと
→ 楽天証券のiDeCo商品のおすすめのこと