楽天証券の口座開設の日数のこと

楽天証券?口座開設の日数?のこと



よくネットなどで見かける「楽天証券」。
「〇〇証券」という言葉はよく見かけると思います。
じっさい「楽天証券」とはどのようなものなのでしょうか?

私自身「楽天証券」のことについてまったく知りません。もちろんさまざまな「〇〇証券」のことも知らないですし、そもそも「証券」というのはどういうものなのかも知りません。

「楽天証券」の私自身の勝手に思い込みとしては、何か投資をするのかなぁというイメージぐらいで、「銀行」とどう違うのか、よくわかっていません。

そこで、私自身の勉強がてら「楽天証券」について調べてみたいと思います。
あと、「楽天証券」の口座開設の日数のことも見てみます。



楽天証券と口座開設の日数のこと



まず「楽天証券」は何ぞやということですが、まず「証券会社」について調べてみると・・・

証券会社は、株の発行元の会社と投資家、または投資家と投資家の間に立って、株式の売買の取次ぎや引受けなどを行う会社とのことです。

つまり、「楽天証券」は株式の売買の取次ぎや引受けを行っているということになります。
また、「楽天証券」はネット証券になって、手軽さと手数料の低さが魅力とのこと。

「株」と聞くと、とてもリスキーなイメージですが、私たちが株式を売買する場合に「楽天証券」を利用することによって売買ができるようになるわけですね。


次に、口座開設の日数のことを調べてみます。

「楽天証券」は、スマホで本人確認による口座開設を行えば、最短で翌2営業日後には開設できるとのことです(書類のアップロードで本人確認の場合は6営業日が必要)。
最短では翌営業日となっていました。

ちなみに、口座開設には「本人確認書類(運転免許など)」と「マイナンバー確認書類(マイナンバーカードなど)」が必要になります。


割と手軽に口座開設はできそうです。
ただどうしても、株の売買となると危険という印象が先に来てしまいます、
かといって、利用している人が多いのも事実です。しっかりと知識をつけて、それなりの覚悟をもって始めた方がよさそうな・・・。
継続して「楽天証券」を調べていこうと思います。


以上、楽天証券の口座開設の日数のことでした。



関連記事
→ 楽天証券のiDeCo商品のおすすめのこと
→ 楽天証券の手数料コースはどっちか良いのか?
→ 楽天証券の積立NISAの金額変更のこと
→ 楽天証券の積立NISAで商品のおすすめのこと
→ 積立NISA(楽天証券)の始め方や手順のこと