引越しの際の郵便物などの手続きのこと

引越しの際の郵便物などの手続きはしっかりとしないといけないですよね



3・4月といえば、引越しですよね。
自分が引越しをしなくても、引越しの話は耳にどうしても聞こえてくる時期ではないでしょうか?

かく言う私自身も最近引越しをしまして、引越し自体頻繁にすることではないので、いろいろと一から調べてから引越しをしました。

やっぱり一番大事なのが実際に引越しをすることだと思いますが、郵便物などの手続きもとても大事なことだと思います。

自分の引越しも郵便物の手続きが適切にできていなかったので、前の住所に荷物が届いてしまうなんていう失敗をしてしまいました。

引越しの際の郵便物などの手続きについて考えてみたいと思います。



引越しの際の郵便物などの手続きについて考えてみます



まず郵便物の手続きですが、近くの郵便局に転居届を出しておくことで、1年間、旧住所あての郵便物が無料で新住所に転送してくれます。

気を付けないといけないのが、転居届を出せばすぐに転送してくれるわけではなくて、転居届を出してから3~7営業日かかってしまうため、引越しの1週間以上前には転居届を出しておく必要があります。
現在は「e転居」というインターネット上で転居届を受け取ってくれるサービスがあるので、利用すると便利です。

郵便物以外となると、今となっては誰でも利用していると思いますが、「楽天」や「Amazon」などネットで何かを買った場合に送り先になる自分の住所の変更もしておかないといけません。

引越ししたのに住所変更をしていなかったことで、うっかり旧住所に送ってしまうことも無きにしも非ずです。
さまざまサービスを利用していると手続きが面倒ですが、これもしっかりとしておかなければいけません。

あと、ネットショッピング以外にも利用しているサービスでの住所変更も忘れないようにしないといけません。

そして、けっこう盲点となってしまうのが、知人へ新しい住所を伝えることを忘れてしまうことです。

近い家族や友人であれば忘れることはないと思いますが、そこまで近くないけど年に1、2回はやり取りをするような人に対しても忘れないように伝えないといけません。

主だった手続きを上げてみましたが、家族構成などによって違ってくると思います。
一人で考えずに家族でチェックしあいながら、抜けなく手続きをできたらいいと思います。


以上、引越しの際の郵便物などの手続きのことでした。



関連記事
→ 引越しのあいさつ品の相場のこと
→ 引越しの際の手続きリスト(役所など)のこと
→ 引越し業者のおすすめで安いのは?
→ 引越しの見積もり単身とファミリーの相場は?