エアコンの暖房が効かない!? 原因は?

エアコンの暖房が効かない!? 原因は?



寒さが厳しい今日この頃、家で過ごす時はエアコンが手放せないですよね。

エアコンだけじゃなく、「ストーブ」や「こたつ」なんかも使って寒さを凌いでいる家庭も多いと思います。

冬の暖房器具もさまざまですが、やはりエアコンは基本というか、暖かさのベースになりますよね。

そんなエアコンですが、もし暖房が効かないなんてことになったら大変な事態ですよね。

エアコンの暖房が効かないなんてことになった場合の原因は何が考えられるのか、もしものために考えてみたいと思います。



エアコンの暖房が効かない原因として考えられるのは?



エアコンの暖房が効かないといっても程度があると思います。全般的に原因と考えられているものを上げてみます。

・冷房・ドライ・送風になっていないか?
・そもそも設定温度が低くないか?
・風量を弱くないか?
・風向きが上になっていないか?
・部屋に合ったエアコンを使っているか?
・エアコン(フィルター)が汚れていないか?
・霜降り運転になっていないか?
・室外機に障害となる物がないか?

以上が原因と考えられることです。

読めばだいたい分かることがほとんどですが、「部屋に合ったエアコン」というのは、6畳用のエアコンを10畳の部屋で使っていたりする場合は合っていないことになります。

また、「霜降り運転」というのは、室外機の熱交換器についた霜をとかしている動作のことで、「霜降り運転」の場合、一時的にエアコンから暖かい風が出てこなくなります。しばらくすると暖かい風が出てくるようになります。

あと、室外機に障害物があると、排気がうまくできずに暖房が効きにくくなります。

上記の原因に当てはまらない場合、ガス漏れということも考えられます。この場合は業者に修理を依頼するという方法になるのですが、数万円かかってしまいます。そうなると新しいエアコンにするという選択肢もありかもしれません。

エアコンの暖房が効かない原因について調べてみました。日ごろから自分でできるエアコンのメンテナンスをしておくことが一番の対策なのかもしれません。


以上、エアコンの暖房が効かない!? 原因は?でした。



関連記事
→ エアコンクリーニングの料金を比較してみます
→ エアコンの寿命は何年?20年?
→ エアコンの取り付け工事の相場のこと
→ エアコンの価格(6畳タイプ)で安いのは?
→ エアコンの暖房の電気代1ヶ月分のこと