ヴェゼルの納期が早まることはあるのか?

ヴェゼル(新型)の納期が早まるのか!?



車の中で今人気の車種と言えば「SUV」ですよね。
「SUV」の中で常に人気上位に入るのが、ホンダ「ヴェゼル」だと思います。

初代ヴェゼルが登場して7年、ついに2021年4月にヴェゼルがフルモデルチェンジされ、フルモデルチェンジを契機にさらに人気が爆発しています。

今まさに新型ヴェゼルを購入しようと検討している人も多いと思います。

これからヴェゼルを購入しようと検討する際に気になるのが「納期いつになるのか?」ということだと思います。

普通は新車を購入した場合、納期は1~2ヶ月です。
ところが新型ヴェゼルにおいては、人気がありすぎて注文に対して納車が間に合っていないようで、2022年1月現在では4~7ヶ月待ちとなるようです。

納期の詳細としては、新型ヴェゼルのガソリン車が4ヶ月で、e:HEV(ハイブリッド車)が半年程度になります。最上級グレードの「e:HEV PLaY」においては受注停止中です。

とにかく早く新型ヴェゼルに乗りたいという人は、ガソリン車にするというのも手かもしれませんが、ハイブリッド車がいいという人にとってはじっと待つしかないのかもしれません。

ヴェゼルに納期(特にハイブリッド車)が早まることがあるのか、調べてみたいと思います。



ヴェゼル(新型)の納期が早まるのか調べたら・・・



ヴェゼル(新型)の納期が早まるのか調べたら、ディーラーが提示してくる納期はあくまでも目安でしかなくて、実際は納期が短くなることがよくあるそうです。

あと、人気のグレードを選ぶと納期が短くなることもあるそうです。これは、売れるグレードの生産ラインはフル回転で動いていて生産性が高いためだとか。ちなみに新型ヴェゼルの人気グレードは「e:HEV Z」です。

さらに、キャンセル車を狙うという手もあります。ヴェゼルは人気なので、注文が多い分キャンセルも発生してしまうそうで、キャンセル車はディーラーとしても早く売ってしまいたいと思っているので、キャンセル車でも構わないということを伝えておくと納期が早まる可能性があります。

最後に一番確実にしかも速く「ヴェゼル」を納車してもらえる方法があります。
それは、新型「ヴェゼル」の中古車を見つけるです。まだ発売されて日が浅い新型「ヴェゼル」は、中古車で調べてみると未使用車がけっこう見つかります。未使用車であれば新車も同然ですし、もうあるわけですから納車も早くなります。しかも確実です。

新型ヴェゼルが早く欲しいと思っている人がいましたら、参考にしてください。


以上、ヴェゼルの納期が早まることはあるのか?でした。



関連記事
→ ヴェゼル新型の価格を考える
→ ヴェゼルの燃費のこと、新型はどうなのか?
→ ヴェゼル「モデューロX」の中古車のこと
→ ヴェゼルの中古車の相場のこと
→ ヴェゼルの中古ハイブリッドの「 Z 」や「 RS 」のこと