ハイエース最新6型の人気パーツを勝手に評価

ハイエース200系最新6型のパーツについて



ワンボックスカーの定番トヨタ「ハイエース」、現行の200系の発売が2004年で、かれこれ16年以上マイナーチェンジや改良が繰り返されてきました。

ハイエース200系の根強い人気がうかがえますよね。
ハイエースの多くは商用車として、仕事で使われることが多いですが、最近ではハイエースのそのカスタムのし易さから、キャンピングカーのベース車になったり、趣味用の車として愛用している人も多くなってきました。

そんなハイエースですが、現行の200系の歴史が長い分、カスタムパーツが豊富なのも魅力の一つです。

そこで、200系最新の6型の人気パーツ(主に内装の)を調べて、勝手に評価してみたいと思います。



ハイエース200系最新6型の人気パーツは?



ハイエース200系の人気パーツランキングの上位にあったのが、センターコンソール(運転席と助手席の間の部分)用のパーツでした。

飲み物を置いたり、肘を掛けたり、ドライバーにとってはひと工夫をしたいところですね。
USBポートが付いているものもあって、非常に便利そうでした。

次に上位にあったのが、車中泊用にカスタムできる「ベッドキッド」でした。
ハイエース自体はとくに加工することなく、ベッドキッドを組み立ててハイエースのラゲッジスペースに置くだけという、とても簡単に設置できるという優れもの。
ハイエースで車中泊をしたいという人には打ってつけのパーツですね。

あと、人気なのがサイドアームレスト(肘掛け)で、いろいろと種類があって、運転席と助手席のドアにつけられる感じで、ハイエースで長時間運転をするさいに重宝しそうなパーツです。

また、ルームキャリアを人気上位で多く見かけました。
ハイエースの大きなラゲッジスペースをうまく活用できるので、これもとても便利そうです。


少しではありますが、ハイエースのカスタムパーツで人気のものを取り上げてみました。

ハイエースでの長時間運転を楽にするようなパーツとラゲッジスペースを上手く活用するパーツが人気という感じですね。やはりハイエースは仕事で使う人と趣味で使う人が多いということなんだと思います。


以上ハイエース最新6型の人気パーツを勝手に評価でした。



関連記事
→ ハイエース車中泊DIYは思ったよりも簡単そうです
→ ハイエースで車中泊をする際に必要なグッズは?
→ ハイエース車中泊仕様の新車はどれくらいなのか?
→ ハイエースのキャンピングカーの中古車の相場は?
→ ハイエースの最新6型のディーゼルの燃費について