電動自転車の寿命は何年なのか?

電動自転車の寿命とバッテリー



徐々に普及してきている「電動自転車」、いわゆる「電動アシスト自転車」。

普通の自転車と比べて高額で10万円近くはするので、大きな買い物になります。

そなると、やっぱり少しでも長く使い続けたいと思うと思います。
気になる電動自転車の寿命について考えてみたいと思います。

電動自転車の寿命の目安となるのが、バッテリーの寿命です。バッテリーが使えなくなったら、電動アシストもできなくなってしまうわけで、こうなってしまえば電動自転車ではなく、ただの自転車になってしまいます。

バッテリー寿命は、よく自転車を使う人で、早くて3年で寿命がきてしまうことがあるようです。

3年は流石に早いですよね。そんなことにならないために、ちょっと余談になりますが、バッテリー寿命を延ばすためのポイントを紹介します。

まず、「バッテリーを空っぽの状態にしない」です。空っぽの状態はバッテリーの劣化を早めてしまいます。

次に、「直射日光は避ける」です。高温はバッテリーの劣化を促進させるので、直射日光は避けるようにしないといけません。

また、「寒い時期も注意が必要」です。真冬などの寒い季節もバッテリーに良くないので、外に放置しないように、室内に置いておくのが望ましいです。

何年も使うと、どうしてもバッテリーの寿命が来てしまうのはしょうがないことです。
ただ、バッテリーの寿命がきてしまったら、新しいバッテリーに取り換えることで使い続けることも可能です。



電動自転車の寿命の目安は何年か?



バッテリーが寿命で使えなくなっても、交換はできるので電動自転車は使い続けることができます。

それでは、電動自転車の寿命は何年が目安になるのかというと、約8年くらいと言われています。

なぜかというと、8年くらい使い続けると、バッテリーではなく本体に不具合が起きやすくなります。

いわゆる経年劣化ということになりますが、8年も経てばバッテリーも一度交換しているでしょうし、本体のメンテナンス費を考えていくと、新しく電動自転車を購入したほうが無難です。

使い方や使う頻度によって変わってくると思いますので、あくまで目安です。

けっして安い買い物ではないので、しっかりと調べて、長持ちするものを選ぶとまた違ってくると思います。


以上電動自転車の寿命は何年なのか?でした。



関連記事
→ 電動自転車も安いドンキ「オリジナル電動アシスト自転車」ご存知ですか?
→ 電動自転車「イオンバイク」は果たして?
→ 電動自転車のバッテリーの処分方法を確認
→ 電動自転車の人気でおしゃれなモデルを紹介
→ 電動自転車の価格が安いモデルを検証してみます