車中泊マットは自作もあり!?

車中泊における車中泊マットは要



今人気急上昇中の「車中泊」、「車中泊」をしてしまえば、旅費を節約できますし、コスパが良いから気軽に旅行ができますよね。

これから「車中泊」をしてみようと考えている人も多いと思いますが、やはり「車中泊」における「車中泊マット」は、まさに「車中泊」の要といっても過言ではない重要なところだと思います。

いくら「車中泊」ができたって、心地よく眠れなかったら、すべてが台無しになりますよね。

そこで、「車中泊マット」が大事になってくるわけです。
いかに心地よい車内空間を作るかは、「車中泊マット」にかかっています。

ただ、「車中泊マット」も良い物になってくると、けっして安くはなく、それなりの出費になります。

なるべく安く「車中泊マット」を準備したいという人のために、車中泊マットを自作する方法を考えてみたいと思います。



車中泊マットの自作する方法は?



車中泊マットを手軽に自作する方法ですが、一番簡単で安い方法は、「普段使っている布団を車内に持ち込む」です。普通の布団であれば、普通に車内に敷くことが可能なので、普段の自分の布団で寝てしまうわけです。これ以上に簡単で安い方法はないですよね。

あとは、車用の「ベンチベットを作ってしまう」というのも手です。ベンチベットだと、ベットが棚型になるので、荷物をベッドの下に収納することができます。
自作する方法は意外と簡単で、詳しく紹介しているサイトもあるので、調べてみるといいと思います。

ちょっと費用がかかりますが、「車のルーフに車中泊ベッドを作ってしまう」という方法もあります。
ただ、これを自作するとなると、走行中の安全などに配慮する必要もでてくるので、難易度は高めになります。
ベテランの人向けですね。


「車中泊」をする車によっても方法は変わってくるところはありますが、車中泊をいかに快適にするかを考えるところから楽しくなりますよね。

ぜひ、自分に合った方法を見つけて、快適な車中泊ライフを送ってください。

以上車中泊マットの自作についてでした。



関連記事
→ 車中泊グッズの販売店について
→ 車中泊用バッテリーのおすすめを紹介
→ 車中泊に適した車を考える(SUV編)
→ 車中泊に適した車を考える(軽自動車編)
→ 車中泊できる道の駅(関東)おすすめスポット