車中泊用バッテリーのおすすめを紹介

車中泊にはバッテリーは必須ですよね



今人気の「車中泊」、これから「車中泊」をしてみようと計画している人も多いと思います。

「車中泊」をする上で、いろいろとグッズをチェックしていたりすると思いますが、その中で必須となるのが「バッテリー」だと思います。

車のバッテリーでいいのでは?と思われる人もいるかもしれませんが、さすがに車のバッテリーでは、最悪バッテリーが上がって(切れて)しまったら、車も動かなくなりますし、誰かを呼ばないといけなくなります。

そんなの嫌ですよね。
よほど大容量のバッテリーを積んでいる車(PHV車など)でなければ、バッテリーを別に用意したほうが懸命です。

よくスマホの予備電源として持ち歩く「モバイルバッテリー」では、もちろん車中泊には耐えられません。
なので、より大容量のバッテリーが必要になります。

そんな車中泊用バッテリーのおすすめを紹介します。



車中泊用バッテリーのおすすめ



車中泊用のバッテリーは、別名「ポータブル電源」と呼ばれていたりします

スマホ用のモバイルバッテリーは、基本USB出力しかありません。
ところが、ポータブル電源は家で使う「ACコンセント」を使うことができます。出力が高く、扇風機やIH調理器や冷蔵庫であっても使えてしまいます。

車中泊だけでなく、災害時の臨時の電源としても使えたりします。
気をつけないといけないのは、発電機ではないので、あらかじめ充電しておく必要があります。

それでは、おすすめの車中泊用バッテリー(ポータブル電源)ですが、

・Anker「PowerHouse」
モバイルバッテリーを多くだしているAnkerのポータブル電源です。コンパクトなサイズに434Whの容量があり、コンセントはもちろんUSBポートもあったりと利便性が高いです。

・Jackery「ポータブル1000」
米国のポータブル電源メーカーのもので、容量が1002Whと大容量で、なんとコンセントを3つも備えています。

・JVCケンウッド「ポータブル電源 BN-RB10-C」
JVCケンウッドのポータブル電源の最上位のモデルになります。1002Whと大容量でほとんどの家電を使うことができます。

上記のポータブル電源でなくても、このメーカーから選べば間違いないと思います。


自分の車中泊スタイルに合った、車中泊用バッテリーを選ぶのが一番だと思いますので、よくチェックして考えて購入してください。

以上おすすめの車中泊用バッテリーの紹介でした。



関連記事
→ 車中泊に適した車を考える(SUV編)
→ 車中泊に適した車を考える(軽自動車編)
→ 車中泊できる道の駅(関東)おすすめスポット
→ 車中泊マットは自作もあり!?
→ 車中泊グッズの販売店について