車中泊に適した車を考える(軽自動車編)

車中泊に適した軽自動車を考えてみます



今密かに「車中泊」が人気になっていると思いませんか?
YouTubeでも車中泊している動画をアップしている人多いですよね。

車の中で料理したり、自分に快適な空間を車内に作って楽しんだり、動画を見て関心を持った人も多いと思います。

実際に車中泊をするには、当たり前ですが「車」が必要になります。いったいどんな車が車中泊に適しているのか、どんな車まで車中泊できるのか、気になるところですよね。

一番手軽に車中泊をするのであれば、軽自動車でするのがコスパ的にもよさそうだと思います。

ただ、軽自動車であれば、大きさも様々ですし、どれがベストなのかということになりますよね。

車中泊に適した軽自動車は何なのか考えてみます。



車中泊に適した軽自動車はこれかなぁ



車中泊を軽自動車でする場合のポイントは、軽自動車はボディサイズが定められていますから、限られたサイズでいかに室内の「広さ」と「高さ」が確保されているかだと思います。

車中泊ですから、車内で休むわけですし、室内の大きさは重要なところですよね。

あと、大事になってくるのが、シートアレンジだと思います。
理想なのがフルフラットシートに対応している軽自動車で、どういうことかというと、座面と背もたれがほぼ水平にできるかということです。

車内で休む時にフルフラットにであれば、ストレスなく休めますよね。

ただ、フルフラットに対応していなくても、車中泊用のマットを使うことでフルフラットにできたりもします。

あと、その軽自動車用の車中泊グッズが発売されているかというのも、快適に車中泊をするためのポイントだと思います。

以上のポイントを考慮した上での、車中泊に適した軽自動車は・・・、

・ホンダ「N-BOX」
フルフラットシートに対応し、何よりも「N-BOX」には社外品の車中泊グッズが多々あり、快適な室内空間を作ることができます。

・スズキ「スペーシアギア」
フルフラットシートに対応していて、より快適にするための純正オプションリラックスクッションが人気です。
アウトドア用にカスタマイズされていて、撥水仕様のシートになっていて、汚れにも強くなっています。

・スズキ「ハスラー」
アウトドアに適した軽SUV、フルフラットシートに対応し大人の男性でも余裕のあるスペースが作れます。
アウトドアを楽しむための純正オプションが多いのも特徴です。

・ダイハツ「ウェイク」
軽とは思えないようなサイズで、フルフラットシートに対応し、フルフラットの状態でも床下収納があったりと、とにかく室内が広い方が良いという人向けです。


車中泊に適した軽自動車を考えてみました。

せっかくなら快適に車中泊を楽しめた方がいいですよね。
気になる軽自動車があったらチェックしてみてください。



関連記事
→ 車中泊できる道の駅(関東)おすすめスポット
→ 車中泊マットは自作もあり!?
→ 車中泊グッズの販売店について
→ 車中泊用バッテリーのおすすめを紹介
→ 車中泊に適した車を考える(SUV編)